げんてんかいき

趣味は「聖書通読」ですが、何か?

急がば回れ。神の使命を果たすために。

聖書購読箇所 出エジプト記1章 エジプトで勢力を増すイスラエルの民に脅威を感じたファラオは彼らを労役に従事させる。またこれ以上、イスラエル人の人口が増えないように、男子の赤子が生まれたらナイル川に投げ込むように命じる。 出エジプト記2章 赤子…

神が与えるビジョンに生きる

聖書通読箇所 創世記48章 病気になった父ヤコブを見舞いに来たヨセフとその2人の息子。ヤコブは彼らのために祝福の祈りを捧げる。 創世記49章 ヤコブは臨終の床で息子たちを呼び、それぞれに相応しい祝福の言葉を与える。そして、自らの埋葬について指示して…

栄光へとつながる苦しみ

聖書通読箇所 創世記46 イスラエル(ヤコブ)とその家族がエジプトに向かう。そして、ゴシェンで息子ヨセフと再会。 創世記47 イスラエルとその家族のエジプト(ゴシェン)居住が許可される。 飢饉が非常に激しくなり、エジプトの住民も食料を購入するために…

全てが良かったと言える日を信じて

聖書通読箇所 創世記44章 ヨセフはしもべに命じてひそかに末弟ベニヤミンの荷物に銀の盃を紛れ込ませた。そして、ベニヤミンがそれを盗んだと言いがかりをつけて、彼を奴隷にすると兄たちに告げたのである。それを聞いた兄たち、特にユダは自分が身代わりに…

罪悪感からの解放

聖書通読箇所 創世記42章 カナンの地も飢饉に見舞われ、ヤコブの息子たちはエジプトに穀物を買いに行く。食料を管理する長になっていたヨセフは自分に気づかない兄弟たちにスパイの容疑をかけ、それを晴らしたければ末の弟を連れてくるように命じる。 創世記…

神が導かれる人生

聖書通読箇所 創世記41章 ヨセフ、ファラオの夢を見事に解き明かし、7年後に訪れるであろう飢饉に備えるよう進言する。すると、ファラオはそのための監督としてヨセフを任命する。 注目箇所 ヨセフは長子をマナセと名づけた。「神が、私のすべての労苦と、私…