げんてんかいき

趣味は「聖書通読」ですが、何か?

日記・雑記

田舎の駅前に浮田さん(田中要次)がいて吃驚。

本日、午前の配達を終え自宅に戻る時、道路が混んでいたこともあって、いったん自宅とは反対方向に向かって、近くの駅のロータリーに入ってUターンした。 するとロータリーに入ってすぐのところでテレビのロケが行われてた。 カメラやマイクを持った方々が十…

真の「ぼっち好き」に「ぼっち席」なんて必要ない

ガストが「お一人様席」を設置したことが話題となってるようだ。 メディアがそれを「ぼっち席」と呼んでるらしく、その響きに気分を害してる人もいるらしい。 世間が一人で外食することを可哀想なこととみなしているようで嫌なのだろう。 ただ真の「ぼっち好…

誰と一緒にいる時の自分(分人)が好きなのか?

「塩狩峠」を再読している。 「塩狩峠」は三浦綾子さんの代表的作品。 あるクリスチャン青年が暴走する汽車を止めるために、自ら線路に飛び込み、まさに身を挺して乗客を救ったという実話を元にした小説である。 前に読んだのは20年以上前になるだろうか。 …

長寿は果たしてめでたいことなのか?

配達先に今年で97歳になられるおばあちゃんがいる。 品の良いおばあちゃんで、広いお屋敷に一人で住んでおられる。 週に何度か家政婦さんに来てもらって、買物だの掃除だのはしてもらってるが、日常のことはほとんど自分で出来る。 週に2度はバスに乗って外…

自然な砕けた話し方は難しい

話し方がすごい丁寧っすね! クスクスと笑うあんちゃん。 え?そうですかね? 不思議そうな顔をする中年男。 ここは理容室。 クスクス、いや、ニヤニヤするあんちゃんは理容師さん。 年齢は二十歳そこそこだろうか。 そして、バーバーチェアで小首をかしげる…

スマホの壁紙をこれに変えればスマホ依存から脱却できるかも。

健康のためには良質な睡眠が大事。 双極性障害の当事者は健常者以上に睡眠を大事にし、生活のリズムを整える必要があろう。 と、分かってはいるのに、就寝時、ついついスマホを手にしてしまう意志薄弱のダメダメ中年男。 それが、私である。 すっかり、スマ…

安楽死は是か非か。自分なりに、クリスチャンになりに考えてみた

先日、NHKのテレビ番組で「安楽死」について取り扱われていたのを見た。 今までもそのテーマについてはイロイロと考えては来た。 しかし、この機会に改めて考えてみることにした。 2種類の安楽死 安楽死には「消極的安楽死」と「積極的安楽死」がある。 「消…

宿直明けに具合が悪くなるのをどうにかしたい(未解決)

宿直時にすることといえば施設内の見回りぐらい。 これは1回につきほんの10分程度。 それが2回。 午前零時頃から午前六時頃までの6時間は睡眠に当てることが出来る。 何事もなければとても楽な仕事。 これで夕と朝に食事が出て、お金もいただけるなんてあり…

ネット礼拝でもいいんじゃない?と思う今日この頃

少し前から「うつ期」に入ったかも…という感じだったが、梅雨入りしてから本格的に「うつ」の症状が出てきた。 とにかく身体がダルい。 座ってるのもしんどい。 なのにさっきはパソコンでブログ更新しようと机に向かって、あえなく撃沈。 分かりきっていたこ…