げんてんかいき

趣味は「聖書通読」ですが、何か?

どうやら「うつ」に入ったようで…

f:id:tkoki777:20190831140920j:plain

どうやら「うつ」に入ってしまったようで、何もする気になれない。

双極性障害の薬物治療を始めてから1年と2ヶ月。

息をするのがやっとな状態から、半日のパート労働が出来るまでに回復した。

しかし、躁うつの波が完全になくなったわけではない。

以前と比較したら、躁うつの波は穏やかになったが「うつ」の期間はそれなりにキツい。

ここ数日は、半日のパート労働以外は伏せってる。

あ、あと犬や猫の世話ぐらいはするか…

それにしても、つい先日まで、今飲んでる「ラミクタール(ラモトリギン)」の量を減らしてもらおうか?と考えてぐらい調子は良かったのに。

単なる「軽躁」だったようだ。

この感じではまだ減薬はやめたほうがいいようだ。

それでも、希死念慮や破壊衝動などはないので、以前と比べたらかなり楽。

身体が鉛のように重くなる(鉛様麻痺)もない。

あるのは独特の疲労感と倦怠感。

横になりながらKindleで映画でも見るかと思っても、それさえキツい。

ラジオを聴いて横になってるぐらいがちょうどいい。

と、そんな感じだったので、ブログ更新が滞っていた。

しかし、「書く」ことによって精神が安定し、元気が出てくることもある。

なので、思いつくままに吐き出すような感じでこうして書いている。

ブログ精神療法といったところだろうか?

そもそも今の半日のパート労働も自分にとってはリハビリのようなもの。

精神を安定させる上で生活リズムを整えるのは必須事項と思われるが、パート労働をすることによってその最低限の条件が満たされる。

「せどり」でそれなりに稼いでは来たが、それだと私の場合、どうしても生活リズムが崩れる。

それに、人と会うこともほとんど無くなるので、もともと対人恐怖な傾向に拍車がかかる。

今の仕事は、他の仕事と比較したら人との関わりは少ないが、それでも毎日施設のスタッフや利用者とは会う。

挨拶程度の最低限の会話はしなければならない。

それもまた私にとっては良いリハビリである。

今まで従事して来た仕事の中で最も楽な仕事なので軽い「うつ」ぐらいだったら、これからもなんとか続けられそうなのも良い。

もちろん、出来れば今の半日労働で稼いでる額の倍を稼げるようにはなりたい。

1年前の伏せっていたころに比べたらだいぶ良くなってるので、もっと出来るのでは?という焦りもある。

しかし、とりあえずはその焦る心を抑え、今年は今の状態を維持することを目標にぼちぼちと行こうと思う。

ブログもしばらくはこんな感じで思いつくままで書くことにしよう。

当たり前のことだけれども「継続」するためには「継続できること」をしないとね。

と、今回のような記事はこれまでも何回となく書いたような気がするが、まあ、よしとする。