げんてんかいき

趣味は「聖書通読」ですが、何か?

手作りギリシャヨーグルトを作ってみた

f:id:tkoki777:20190909213305j:plain

梅雨入りする1週間ぐらい前から、半日労働以外はほぼほぼ寝たきりの状態だったが、心持ち身体が動くようになって来たような気がする。

その証拠に、今日はあり合わせの食材ではあるが、夕食を作ることが出来た。

作ったのは卵チャーハンとポトフ。

調理時間は30分。

納得のいく出来ではなかったが、妻が美味しいと言ってくれたのでよしとしよう。

デザートは手作りのギリシャヨーグルト。

先日、ギリシャの人々の暮らしを紹介する短い番組を見てたら、ギリシャヨーグルトが単なる水切りヨーグルトであることを知り、これだったら面倒がりの私でもできるなと作ってみたのだ。

穴あきボウルにキッチンペーパーをしき、そこに近所のスーパーで買った500mlで100円のヨーグルトを投入。

放置すること4時間。

それだけで、濃厚でクリーミーなギリシャヨーグルトの完成である。

レモン果汁とハチミツを混ぜて食べてみたがレアチーズケーキのような味わい。

まるで高級スイーツのようだ。

最近のコンビニスイーツのレベルも高くなってるが、それを上回るんじゃなかろうか?

ちなみにギリシャヨーグルトを作る際に出た水分はホエイというらしいが、それはそれで栄養がある。

そのまま飲んでもいい。

不味くはない。

しかし、美味しくもない。

私はホエイを牛乳に混ぜたり、りんごジュースに混ぜたりしてみたが、他にもカレーに混ぜたりする人もいるらしい。

牛乳に混ぜると飲むヨーグルトみたいになるという情報もあったが、私の場合はそんな感じにはならなかったなあ。

なんでだろ?研究の余地あり。

それにしても、こんな美味しいスイーツが、こんなに簡単に出来るなんて。

今までギリシャヨーグルトというネーミングに騙されてた。

そんなオシャレなスイーツ、オジさんには関係ないし…みたいな。

双極性障害であることを素直に受け入れるようになってからは簡単なことしかしない、と心に決めている。

難しいこと、面倒なことは出来るだけ避けてる。

それはそれでストレス・コントロールのために必要なことだ。

しかし、中には難しいと思こんでるだけで、意外に簡単に出来ることもたくさんあるのかもしれない。

そんなことを思ったりして。

とにかく「思い込み」は禁物である。

また「思い込み」に囚われないためには、やはり「知る」ことが必要だなと。

知識として知ることもさることながら、体験として知ることが大事。

「思い込んだら試練の道を」は私には無理なので「思い込まないで楽チンな舗装道路を」のんびり行きまっしょい。