げんてんかいき

趣味は「聖書通読」ですが、何か?

「義の右の手」って何ですか?

f:id:tkoki777:20190909211753p:plain

「わたしの義の右の手で、あなたを守る」(イザヤ41:10)

上記の聖書の一節を読んだ未信者の方に「"義の右の手"ってなんですか?」と尋ねられた。

確かに、未信者の方が「義の右の手」と言われてもピンと来ないのは当然だろう。

正直、クリスチャンでもピンと来ない(笑)

なんとなく分かったつもりになってるだけの人も多いのでは?

少なくとも私はそう(-_-;)

尋ねられた時に自信を持って答えられなかった。

なので、自分なりに調べてみた。

ちなみに「義の右の手で、あなたを守る」と訳しているのは新改訳聖書。

他の日本語訳の聖書では以下のようになっている。

私の勝利の右手で支える(聖書協会共同訳)

わたしの救いの右の手であなたを支える(新共同訳)

わが勝利の右の手をもって、あなたをささえる(口語訳)

わたしの正義の右手をもってお前の支えとなる(フランシスコ訳)

 正しい右の手で支える(バルバロ訳)

 以上の翻訳を見ると「右手(右の手)」という訳はどれも同じ。

「右手」とは創造主(神)の全能を象徴するヘブライ的表現とのこと。

ただ、それを修飾する語「ツェデク」が「正義」「勝利」「救い」などに翻訳が分かれている。

ちなみに「ツェデク」はイザヤ41章の10節では「義」、2節では「勝利」と訳されている(新改訳)。

詳訳聖書(英語版)では「正義、勝利、救い」の3つに加えて「力」という意味も候補に挙げている。

なので「わたしの力ある右の手であなたを支える(あるいは守る)」という訳でもいいんじゃないだろうか?

ということで、上記のすべての意味を込めて自分なりに意訳してみた。

「わたし(神)は勝利と救いと正義をもたらす全能の力によってあなたを守る」

もしくは

「わたし(神)は全能の力によってあなたに勝利を与え、救い出し、正義を実現する」

とするのも面白いかも。

素人の訳ではあるが自分なりに訳すことによって「義の右の手で、あなたを守る」に込められたニュアンスをより理解できたような気がする。

次回、また誰かに聞かれた時は「神様が全能の力をもって私たちを救い出し正しい道に導いてくださる、ということですよ」と答えることとしよう。