げんてんかいき

趣味は「聖書通読」ですが、何か?

不憫に思うのではなく尊敬の念を持つ

f:id:tkoki777:20190903234434j:image

弁当配達をしている。

私が従事してるのは一般企業の事業ではなく、自治体の福祉事業。

配達先は高齢者や身障者、その他様々な問題を抱えた方々のところが大半だ。

伴侶が認知症になった老夫婦。

アルコール依存症で家族が崩壊してしまった男性。

目の不自由な方。

半身不随の方。

そんな方々が夫婦二人きりで、またひとり孤独に生活しておられる。

なんて不憫なんだろう。

行く先々で胸が締め付けられていた。

私が彼らと同じ状況に置かれたらとても生きて行けないかもしれない。

そんなふうに思ったりして余計に。

しかし、今日、私の考えは変わった。

そのような方々にとって「生きる」だけでも大変なこと。

だからそのような人たちには「生きている」だけでも尊敬の念を持つべきではないだろうか。

不憫に思うなんて私の傲慢じゃないだろうか?

ふと、そう思った。

どうして、そう思ったかは分からないけれども、ふと。

明日からは配達先の方々を不憫に思うのではなく、尊敬の念を持って接するものでありたい。