げんてんかいき

趣味は「聖書通読」ですが、何か?

聖書的な人間観と自然破壊

f:id:tkoki777:20190908163848p:plain

聖書通読箇所

創世記1~2

注目聖句

神は仰せられた。「さあ、人をわれわれのかたちとして、われわれの似姿に造ろう。」(創世記1章26節)

所感

創造主なる神は人間を他の動物とは異なる特別な存在として造られた。

神は人間を、自身が創造した世界を統治する者とすべく、ご自身のかたち(似姿)に創造された。

 他の動物よりも人間を優れたものとする聖書的な人間観は傲慢だとの意見もある。

そのような聖書的な人間観が自然破壊につながるそうだ。

しかし、実際はそうではない。

人間はこの世界を正しく治めるべく造られたのであって、自分たちの欲望を満たすために、神の創造された世界で自分勝手な振る舞いをすることを許されたわけではない。

だから、人間の欲望を満たすために自然を破壊するような振る舞いは聖書的な人間観から出たものではない。